童謡詩劇 うずら

物語

少し昔の話である。 売れない貧しい詩人がいた。

親は既に他界。唯一の肉親である弟妹は田舎の遠い親戚に預けている。

小さな町工場で働きながら詩を書き続けているが、 下宿の大家さん親子には『変人』だと思われている節がある。

そんな詩人のもとに、ある日ひょんなことから 二羽のうずらがやって来た。

うずらに弟妹の姿を重ねる詩人。 そして、詩人と二羽のうずらの不思議な生活が始まった。

夢を追い、家族を愛し、そして最後に詩人の見たものは… 詩人の思いが心に響く詩情豊かな楽曲と共にファンタジーとなって繰り広げられてゆく。

 

2010年初演の大反響を受け、早くも新演出で再演!

童謡、演劇、そしてオペラの融合をめざし、幅広い世代に受け継いでゆく新しい音楽劇、それが<童謡詩劇うずら>です。

作曲家・和田薫に和光市文化振興公社が委嘱し、埼玉県和光市ゆかりの童謡詩人・清水かつらの随筆をもとに、劇団青年座の協力を得て、市民とプロの音楽家・俳優・スタッフが約3年半の歳月をかけ、手作りで制作した作品です。

荳サ蛯ャシ夂ォ・隰。隧ゥ蜉縺縺壹i蜈ャ貍泌ョ溯。悟ァ泌藤莨夲シ丞ャ逶願イ。蝗」豕穂ココ蜥悟牙クよ枚蛹匁険闊亥ャ遉セ 蠕梧抄シ壼柱蜈牙クゑシ丞柱蜈牙クよ蕗閧イ蟋泌藤莨夲シ丞涵邇臥恁シ丞涵邇臥恁謨呵ご蟋泌藤莨/蝓シ邇臥恁蜷亥罰騾」逶滂シ丞柱蜈峨Ο繝シ繧ソ繝ェ繝シ繧ッ繝ゥ繝厄シ丞柱蜈峨サ譁蛹悶r閧イ繧莨/NHK縺輔>縺溘∪謾セ騾∝アシ上ユ繝ャ邇会シ洲M NACK5シ丞涵邇画眠閨樒、セ
蜉ゥ謌撰シ壼ャ逶願イ。蝗」豕穂ココ蜈ィ蝗ス遞守炊螢ォ蜈ア譬莨壽枚蛹冶イ。蝗」    蜊碑ウ帙サ蜊泌鴨シ夲シ域ェシ峨し繧、繧ェ繝シシ乗律譛ャ鬢企カ牙鵠莨 縺雁撫縺蜷医o縺幢シ壼柱蜈牙クよー第枚蛹悶そ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繝ウ繧「繧シ繝ェ繧「縲TEL 048-468-7771シ9:00ス18:00シ
Copyright ツゥ 繧オ繝ウ繧「繧シ繝ェ繧「. All Rights Reserved.