童謡詩劇 うずら

スタッフ

作曲/芸術監督:和田 薫

1962年、山口県下関市に生まれる。 17歳から作曲法、和声法等を独学。高校2年の時に旺文社の全国学芸コンクール作曲部門で佳作、高校3年時に同コンクール第2席入賞。 1981年、東京音楽大学作曲科入学。作曲を伊福部昭に、管弦楽法を池野成に、指揮法を汐澤安彦に師事。 在学4年間に、旺文社の全国学芸コンクール作曲部門第1席、海上自衛隊東京音楽隊創立30周年記念コンクール入選、日本交響楽振興財団作曲賞入選、昭和59年度全国吹奏楽コンクールに「吹奏楽のための土俗的舞曲」が課題曲に選ばれるなど数多くのコンクールに入選。 同大学を首席卒業後渡欧。アムステルダムを中心に各国オーケストラの活動や運営について視察する。また、当地の現代音楽の活動に参加しながら作品を発表。

[ 全文を表示する≫ ]

1986年「オーケストラのための三つの断章」を北オランダフィルハーモニーオーケストラによって初演、熱狂的な成功をおさめる。 翌年、アムステルダムフィルハーモニーオーケストラの定期演奏会のプログラムとしてコンセルトヘボウにおいて再演。 1987年ニューヨークの国際現代音楽作曲家コンクールに「フルート、ハープ、打楽器のための相掛」が入選。

1988年スウェーデンにおいて「オーケストラのための民舞組曲」がマルメシンフォニーオーケストラによって初演。 その後、同作品はオランダ、フランス、イギリス、スイス、スペイン、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、米国、日本など各国で再演。1990年同作品をグラモフォンBISレーベルで世界同時発売。

1988年帰国後は、アニメや映画・テレビ・舞台・CDドラマ・イベント音楽等幅広く活動。 読売テレビ・日本テレビ系アニメ「金田一少年の事件簿」「犬夜叉」、フジテレビ系「ゲゲゲの鬼太郎」「墓場鬼太郎」月9ドラマ「バージンロード」、テレビ東京系「ムシキング」「D.Gray-man」や正月時代劇「忠臣蔵〜決断の時」、松竹映画「花のお江戸の釣りバカ日誌」東宝映画「ミスター・ルーキー」シネカノン「ラストゲーム 最後の早慶戦」、角川映画「空へ −救いの翼 RESCUE WINGS」、劇団青年座舞台「ブンナよ、木からおりてこい」等数多くの劇伴音楽を担当する。 ’95年には松竹映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」で、日本アカデミー賞音楽賞を受賞。 アレンジャーとしても、NHK「名曲アルバム」「みんなの童謡」「おーい、ニッポン」テレビ朝日「題名のない音楽会」等オーケストラを中心とした編曲や米良美一や鮫島有美子、宗次郎、林英哲、天満敦子らアーティストの編曲を担当。 N響・東フィル・読響・東響・都響・日フィル・新日フィル・東京シティ・仙台フィル・群響・大フィル・HPO・金フィル等へ提供した編曲数は300曲を越える。

吹奏楽作品も多く、1984年度の課題曲「吹奏楽のための土俗的舞曲」や「吹奏楽のための交響的印象“海響”」「吹奏楽のための俗祭」や、金管アンサンブルのなぎざブラスゾリステンやブラス・ヘキサゴンへの作品や打楽器作品も多い。 現代邦楽作品も、日本音楽集団や和楽器オーケストラあいおい等への委嘱作品をはじめ、和太鼓の林英哲や津軽三味線の木乃下真市との協奏曲がある。

イベントとしては、1996年海峡メッセ下関のオープニングイベントの音楽、2004年きららドームで開催された環境省主催全国野鳥の会イベント「きららの四季・バード交響曲」を初演。 1996年の広島国体、2011年山口国体の開会式式典音楽を担当。2009年山口ふるさと大使を任命される。 2012年宮本武蔵・佐々木小次郎決闘400周年を記念して巌流島観光大使に任命される。 これらの活動と共に、2003年にはサントリーホールに於いて日本フィルハーモニー交響楽団と共に個展「和田薫の世界」、2007年日本音楽集団定期演奏会にて現代邦楽作品の個展「喚起の時 II」、2009年にはドイツ・ケルンに於て「日本の響き 和田薫の音楽」をWDRケルン放送管弦楽団で開催。

2010年にはオペラと演劇の融合を目指した「童謡詩劇うずら」が大きな成功を博す。 さらにシンフォニーオーケストラのコンサートに於ける企画、構成、作編曲等のプロデュースまで幅広い活動を続けている。

和田薫OFFICIAL WEBSITE≫


脚本:新井 鴎子

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業および作曲科卒業。 NHK教育「わがままオーケストラ」の構成で国際エミー賞入選。 N響、読響、新日本フィル、東京フィル、札幌響のコンサートの構成、「読響シンフォニックライブ」「題名のない音楽会」等の音楽番組の構成を担当。 2012年浜松市こどもミュージカル「歌声は風にのって」の作詞・脚本を手がけ、同ミュージカルのテーマ曲がNHK「みんなのうた」で放送。 「ワールドピースコンサート広島2013」構成、「横浜音祭り2013」監督を務める。 著書に「Aが響く前に」、詩集「扉」、「あたらしい教科書・音楽」(共著)、「携帯で聴けるクラシックの名旋律」等。NHK-FM「DJクラシック」に出演中。 現在、東京藝術大学非常勤講師、洗足学園音楽大学客員教授。

指揮:栗田 博文

神奈川県小田原市に生まれる。東京音楽大学指揮科を経て、東京音楽大学指揮研究科を修了。 在学中より外山雄三氏(指揮者・作曲家)に抜擢され、アシスタントコンダクターを務め、現場での研鑽を積む。 1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、一躍注目を集める。 翌年、新星日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団を指揮しデビューを飾る。

以後、群馬交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団等、国内主要オーケストラを指揮する。

1989年に渡欧。同年、イタリアにおいて第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールに入賞し国際的な評価を確立した。

[ 全文を表示する≫ ]

1992〜1996年、神奈川フィルハーモニー管弦楽団指揮者を務める。この間、1995年5月にフィンランド・ヘルシンキにおいて開催された第1回シベリウス国際指揮者コンクールの最高位に輝く。 同年9月にはフィンランド放送交響楽団より招かれヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。

以後、ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団等に客演し、指揮者としてのキャリアを着実に積んでいる。 また、国内外の活発な指揮活動とともに、後進の指導にも力を注ぎ、2008年4月からは、国立音楽大学客員准教授に就任。愛知県立芸術大学非常勤講師も務める。

クラシック音楽の古典から現代作品まで幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。 今後の活躍がさらに注目される指揮者である。

栗田博文ブログ≫


演出:黒岩 亮

1960年生まれ。大阪府出身。劇団青年座研究所(9期)を経て、1985年劇団青年座(文芸部)に入団。 主な舞台演出作品として、中島淳彦作『夫婦レコード』『あおげばとうとし』『タカラレ六郎の仇討ち』、鐘下辰男作『カデット』『ベクター』、永井愛作『見よ、飛行機の高く飛べるを』『パートタイマー・秋子』、ふたくちつよし作『お茶をすすって』 『こんにゃくの花』『切り子たちの秋』、水上勉作『ブンナよ、木からおりてこい』、赤堀雅秋作『ねずみ男』、太田善也作『つちのこ』、八木柊一郎作『国境のある家』、野木萌葱作『崩れゆくセールスマン』(以上青年座)、畑澤聖悟作『親の顔が見たい』『イノセント・ピープル』(以上昴)、フランク・モハー作『こんにちは、おばあちゃん』、杉浦久幸作『銀の滴 降る降る まわりに』、宮本輝原作、小松幹生脚本『骸骨ビルの庭』(以上文化座)、相馬杜宇作『百合の季節』、太田善也作『ら・ら・ら』(以上朋友)、青木豪作『空(ソラ)の定義』(俳優座劇場)、などがある。

演奏:サンアゼリア フィルハーモニカ

サンアゼリアから新しい風と音楽が生まれます。 国内・海外の第一線で活躍するプロの音楽家がこのホールに集い、面白いことをはじめます。 サンアゼリアは国内でも有数の音響が優れたコンサートホールとして名だたる演奏家に信頼されて参りました。 サンアゼリア開館20周年を機に、私たちはさらに地域に根ざした芸術文化の発信基地としてホール独自のプロ・オーケストラを創立し、 地域・教育への演奏活動も積極的に展開して参ります。やっと、その第一歩を踏み出します。どうぞご期待ください!

荳サ蛯ャシ夂ォ・隰。隧ゥ蜉縺縺壹i蜈ャ貍泌ョ溯。悟ァ泌藤莨夲シ丞ャ逶願イ。蝗」豕穂ココ蜥悟牙クよ枚蛹匁険闊亥ャ遉セ 蠕梧抄シ壼柱蜈牙クゑシ丞柱蜈牙クよ蕗閧イ蟋泌藤莨夲シ丞涵邇臥恁シ丞涵邇臥恁謨呵ご蟋泌藤莨/蝓シ邇臥恁蜷亥罰騾」逶滂シ丞柱蜈峨Ο繝シ繧ソ繝ェ繝シ繧ッ繝ゥ繝厄シ丞柱蜈峨サ譁蛹悶r閧イ繧莨/NHK縺輔>縺溘∪謾セ騾∝アシ上ユ繝ャ邇会シ洲M NACK5シ丞涵邇画眠閨樒、セ
蜉ゥ謌撰シ壼ャ逶願イ。蝗」豕穂ココ蜈ィ蝗ス遞守炊螢ォ蜈ア譬莨壽枚蛹冶イ。蝗」    蜊碑ウ帙サ蜊泌鴨シ夲シ域ェシ峨し繧、繧ェ繝シシ乗律譛ャ鬢企カ牙鵠莨 縺雁撫縺蜷医o縺幢シ壼柱蜈牙クよー第枚蛹悶そ繝ウ繧ソ繝シ繧オ繝ウ繧「繧シ繝ェ繧「縲TEL 048-468-7771シ9:00ス18:00シ
Copyright ツゥ 繧オ繝ウ繧「繧シ繝ェ繧「. All Rights Reserved.